投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

Anti-Suffering Anti-Life:アンチ-サファリング アンチ-ライフ

イメージ
Anti-Suffering Anti-Lifeアンチ-サファリング アンチ-ライフ


"何の笑いがあろうか。何の歓びがあろうか?ー世間は常に燃え立っているのにー。汝らは暗黒に覆われている。どうして燈明を求めないのか?"

―ガウタマ・ブッダ[1]

美しい惑星の物語
我々の多くは、他のものを幸福にするために、意図しない苦しみを他者に強制することは悪いことだと信じている。しかし、これこそ出生のルーレットが行っていることである。例えば、ある赤ん坊は生まれて数日で痛みの中死んで行くだろうし、また別のものは生涯に渡る耐えがたい鬱病に苦しむだろう。これらの人々は、他のより幸福な人々が生まれて来られるようにするために生を強制されるのだ。

...最良のオプションが自殺しかない一生に人々を強制的に送り出すことは、他のものが良い生活を送るために支払う代償としては大きすぎるものである。

―ブライアン・トマシック[2]
WHOの発表では、世界では推計3億2200万人が鬱病に苦しんでいる。世界人口の4%であり、日本の人口の3倍近くの数である。鬱病を主要原因として、年間80万人の人が自ら命を絶っている。これは、15歳から29歳の死因第2位で、40秒に1人が自らの生に終止符を打っている計算になる[3]。

想像してみてほしい。息苦しく、出口の見えない言い知れぬ不安や悲しみに襲われ続ける日々を。自分や自分に近しい存在の経験するものとして想像してみてほしい。

国連による発表では、2016年の飢餓人口は8億1500万人に達していた。これは、世界人口の11%、実に9人に1人の割合である。6秒に1人の子供が、その飢餓によって命を落としている。2050年には、この飢餓人口は(このままのペースで人口が増加するのならば)20億人増加すると予測されている[4]。

想像してみてほしい。栄養失調のために貧血、壊血病、皮膚発疹を起こし、壊疽(えそ)性口内炎によって顔面の組織が壊死していくことを。一時も満たされることなく、無力なまま息絶えていく一生を。自分や自分に近しい存在の経験するものとして想像してみてほしい。


世界には1億4000万人の孤児がおり、1億6800万人の子供が労働を強いられ、2億6300万人の子供が教育を受けられず、5000万人の子供が国を追われ難民となっている[5-8]。

世界は苦…