投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

非同一性問題について:危害の定義とアンチナタリズム

イメージ
非同一性問題について: 危害の定義とアンチナタリズム

Kei Singleton
Blog version First written: 21 Oct. 2018; last update: 21 Oct. 2018
Abstract 人口倫理学において、非同一性問題として知られる問題が存在する。一部の論者は、この問題はアンチナタリズムの推論の前提にある誤りを指摘するものであると主張する。しかしこの記事では、その指摘は本来の非同一性問題の前提を正しく理解した上で行われているものではないこと、そしていずれにしても、その指摘がアンチナタリズムへの反論として適切なものではないばかりか、むしろ非同一性問題について真剣に検討するほどアンチナタリズムという結論が不可避になることを説明する。

Contents
1 Introduction

2 非同一性問題とperson affecting view
2.1 非同一性問題とは何か
2.2 Person-affecting view

3 ナイーブなperson-affecting view:破滅の選択
3.1 長期的環境政策
3.2 奴隷児の思考実験
3.3 比較の不要性と概念的矛盾

4 Impersonal view によるアプローチ
4.1 伝統的功利主義とrepugnant conclusion
4.2 ネガティブ帰結主義
4.3 権利および義務に基づくアプローチ

5 非比較的なperson-affecting view

6 Conclusion


1  Introduction 非同一性問題(non-identity problem)とは、哲学者Derek Parfitら(Parfit 1984)によって広められた問題であり、ある状況においては、我々が普段行っている存在者に関与する行為についての価値判断を、将来存在するものへ及ぼす危害について適用した際、見かけ上推論に矛盾が生じるというものである。一部のナタリストたちがこの問題をアンチナタリズムへの有効な反論として持ち出すこともある。しかし、彼らは非同一性問題が元々何について議論しているものなのかを正しく理解していない。そして、非同一性問題に対する解答は、すでに哲学者らによって複数の異なる形で与えられている。一部のナタリストが誤解しているように、古典的な非同一性問題は、あるものが存在す…