投稿

手術の不要な不妊化法開発の背景と現状

イメージ
手術の不要な不妊化法開発の背景と現状


手術の要らない不妊化法を開発するために、どのようなアプローチが採られているのか、Linda Rhodesの論文 "New approaches to non‐surgical sterilization for dogs and cats: Opportunities and challenges." Reproduction in Domestic Animals 52 (2017)に簡潔にまとめられているので、その背景についての節を中心に、簡単に要約する。


背景
70年代の半ばから、手術の要らない犬猫の不妊法が研究されてきた。早期の研究では、性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)や透明帯タンパク質など、生殖にとって重要な抗原に対する免疫応答を引き出す技術に焦点が当てられた。また、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)についても研究が進められてきた。

過去数十年で、手術の要らない不妊化アプローチについて多くの研究が発表されてきたが、一つの例外を除いて、商用化に至ったものはない。その例外というのが、GnRH・アゴニスト・デスロリンを放出する長期的効用を持つインプラント(Suprelorin®: Virbac)で、EU、オーストラリア、ニュージーランドにおいて、6か月から12か月、オスの犬の妊性を抑制すると記載されている。

犬猫に効く免疫不妊剤(immunocontraceptive)で開発に成功しているものはない。あるオーストラリアの企業が犬のGnRHワクチンを開発したが、承認には至らなかった。GnRHワクチン(鹿と野生の馬用である、GonaConTM)と、ブタ透明帯(porcine zona pellucida)ワクチン(野生の馬用である、Zona-Stat-HTM)が米国で承認を得ているが、どちらも永久的な不妊化の効果はない。

そして以下の部分は重要だ:
手術の要らない避妊法の開発は困難な問題であることが証明されてきた。犬や猫の生殖研究への資金提供の不足が状況を悪化させている。製薬会社は技術的理由と商業的理由を含めた様々な理由から、この分野への投資を渋っている。この資金不足は、イノベーションと新たなアプローチの不足に繋がる。手術による不妊化は、シェルターで安楽死させられる犬や猫の数を減らすのに重要な役割…

倫理の自然化―オーウェン・フラナガン 他

イメージ
倫理の自然化 オーウェン・フラナガン 他

Flanagan, Owen, Hagop Sarkissian, and David Wong. "Naturalizing ethics." Moral psychology 1 (2008): 1-26.
の簡単な要約。

Introduction
ここで扱われるのは
(1) 倫理が自然化されるべき理由
(2) 倫理が未だ自然化されていない理由
(3) ヒュームとムーアの二つの誤謬に対する弁護
(4) 規範倫理学は、多元相対主義にコミットする人類生態学の一部として最もよく理解できるということ
である。

広い意味での自然主義
自然主義とは、自然世界の一部としては理解できない存在や力を想定する超自然主義に相対するものを指す。そしてこれは、存在論的な意味についても、方法論的な意味についても言える。

なぜ倫理は自然化されていないのか
倫理が自然化されていないことには、米国や世界の他の多くの地域で、未だに宗教的影響が優勢であることが大きな原因の一つとしてある。しかし、神やそれに類する存在や力を信じるもっともな認識論的理由はないことは確かなので、それを考慮して話を進める必要はない…、というところに至るまでそれなりに説明がなされているが、日本ではそういった説明を要求されることはないほど比較的マシな状況であるため具体的に取り上げる必要はないだろう。

とはいえ、儒教や仏教のように、神秘主義的なものに基づいていない信仰もあることもある。特にブッダは、超自然的な存在論についてウィトゲンシュタイン(Wittgenstein)的な「語りえぬことについては、沈黙しなければならない」といった態度を貫いており、例え仏教的な教えに超自然的な記述が含まれていたとしても、ブッダの思想の本質的な部分はそれらを無視しても一貫した形で成立する。ちなみにフラナガンらがウィトゲンシュタイン主義者(Wittgensteinian)的と呼ぶブッダの態度は、日本語では「無記」と呼ばれる。

なぜ自然化なのか
自然主義的倫理は、上記のような超自然的存在論に反対する立場であり、二元論なども否定する。ただし、倫理的自然主義が主眼を置いているのは存在論ではなく、道徳的要請にアプローチするための適切な方法についてである。よって倫理的自然主義は、価値や規範を正当化…

中国のデザイナーベイビーについての備忘録

イメージ
中国のデザイナーベイビーについての備忘録

First uploaded: 8 Dec 2018
Last updated:

概要:2018年11月26日、中国の科学者が、遺伝子編集により生まれながらにエイズウイルス(HIV)に対する免疫を持つ赤ん坊を誕生させたことが明らかにされ、日本を含め、世界中で各方面から強い批判が挙げられた。しかしその批判の大半は、生殖の持つ本質的な問題には触れない、倫理的に的を外したものだった。ここでは、それらの批判に対する批判的意見を記録する。


>「狂っているとしか形容しようのない人体実験だ」
という批判もあるが、哲学者ピアースは、あらゆる生殖は人体実験だと指摘している。事前に病を回避するために操作を加えることは悪だが、遺伝子を無責任にランダムにシャッフルしてギャンブルにかける行為は潔白か?
https://t.co/G8ALg0KBbY — 科学ニュースScienceTime (@ScienceNewsTime) November 26, 2018
子供自身の同意なく遺伝子を操作しリスクを負わすことや、技術格差により社会に不平等をもたらすリスクのある選択が間違いならば、同意なく不平等でリスクに満ちた社会に生み出す生殖そのものも間違いなのではないだろうか?#アンチナタリズムhttps://t.co/hrALXOcJkI — 科学ニュースScienceTime (@ScienceNewsTime) November 26, 2018
自然淘汰がもたらした我々の身体は、遺伝子の伝達にとっては(準)最適化されていても、我々個体のウェルビーイングにとっては本質的に欠陥だらけである。生殖を続けるのなら、ゲノム選択を冷酷な運任せにするのではなく、我々自身でデザインするようにならなければならないhttps://t.co/bPldkew0tP — 科学ニュースScienceTime (@ScienceNewsTime) November 27, 2018
このケースに怒りを表しているが、アンチナタリズムを支持しないという人たちは、犬猫の虐待には憤慨するが、ビーガンになろうとはしないという人たちにそっくりだ。

個人的な都合によって引いた線を境に、一貫しない真逆の態度を取る。 https://t.co/hJlcL9jXbr — 科学ニュースScience…

データライブラリ

イメージ
Data Library 随時更新:
Last updated: 8 Dec 2018





† ヒューマン・ウェルビーイング
身体的健康
►Analysis and valuation of the health and climate change cobenefits of dietary change (食変化による健康と気候変動へのコベネフィットの解析と評価)
Springmann, Marco, et al. Proceedings of the National Academy of Sciences 113.15, 4146-4151.(2016) グローバルなビーガン食の普及では、2050年までに800万人の命を救うことになると研究は示している。ベジタリアン食の場合では730万人。また、食生活の変化により、ヘルスケアの支出と生産力の低下を減らすことで、毎年1兆ドルの支出を減らせる。失われる命の経済価値を考慮すれば、年間30兆ドルにも及ぶ。これには気候変動の影響で起こりうると考えられる異常気象を防ぐことによる経済的利益は含まれていない。
►Healthy Eating Guidelines for Vegans (ビーガンのための健康的な食事ガイドライン)
Dietitians of Canada vegan (2014) 健康なビーガンダイエットは、妊娠中娠、授乳中、あるいは高齢期を含め、人生のあらゆるステージで必要なすべての栄養素を満たすことができる。健康なビーガンダイエットには、肥満、心臓病、高血圧、高血圧コレステロール値、2型糖尿病、特定の種類の癌のリスクを減少させるなど、多くの健康上の利点がある。
►Position of the American Dietetic Association: Vegetarian Diets (菜食についての米国栄養士会の見解)
Craig, Winston J., and Ann Reed Mangels.  Journal of the American dietetic association 109.7, 1266-1282.(2009) 完全菜食すなわちビーガンダイエットを含め、適切に計画されたベジタリアンダイエットは、妊娠中や幼児期を含めた人生のあらゆるステージで、健康面でも、栄養面でも適当であり、特定の病気の予防と…

非同一性問題について:危害の定義とアンチナタリズム

イメージ
非同一性問題について: 危害の定義とアンチナタリズム

Kei Singleton
Blog version First written: 21 Oct. 2018; last update: 21 Oct. 2018
Abstract 人口倫理学において、非同一性問題として知られる問題が存在する。一部の論者は、この問題はアンチナタリズムの推論の前提にある誤りを指摘するものであると主張する。しかしこの記事では、その指摘は本来の非同一性問題の前提を正しく理解した上で行われているものではないこと、そしていずれにしても、その指摘がアンチナタリズムへの反論として適切なものではないばかりか、むしろ非同一性問題について真剣に検討するほどアンチナタリズムという結論が不可避になることを説明する。

Contents
1 Introduction

2 非同一性問題とperson affecting view
2.1 非同一性問題とは何か
2.2 Person-affecting view

3 ナイーブなperson-affecting view:破滅の選択
3.1 長期的環境政策
3.2 奴隷児の思考実験
3.3 比較の不要性と概念的矛盾

4 Impersonal view によるアプローチ
4.1 伝統的功利主義とrepugnant conclusion
4.2 ネガティブ帰結主義
4.3 権利および義務に基づくアプローチ

5 非比較的なperson-affecting view

6 Conclusion


1  Introduction 非同一性問題(non-identity problem)とは、哲学者Derek Parfitら(Parfit 1984)によって広められた問題であり、ある状況においては、我々が普段行っている存在者に関与する行為についての価値判断を、将来存在するものへ及ぼす危害について適用した際、見かけ上推論に矛盾が生じるというものである。一部のナタリストたちがこの問題をアンチナタリズムへの有効な反論として持ち出すこともある。しかし、彼らは非同一性問題が元々何について議論しているものなのかを正しく理解していない。そして、非同一性問題に対する解答は、すでに哲学者らによって複数の異なる形で与えられている。一部のナタリストが誤解しているように、古典的な非同一性問題は、あるものが存在す…

リチャード・ドーキンスとピーター・シンガーの対談

イメージ
YouTubeにアップしていた字幕付き動画が、著作権違反に該当したため、こちらに字幕を載せる

動画はドーキンス財団の公式チャンネルのもの
2008年に放送され、British Broadcasting AwardsでBest Documentary Seriesに選ばれた、動物学者リチャード・ドーキンス出演の英国のドキュメンタリーシリーズ『The Genius of Charles Darwin』よりピーター・シンガーとの対談

二人は対談でダーウィニズムが我々の倫理観に与えた影響を探る。肉食の問題だけでなく、中絶、カニバリズム、動物実験、チンパンジーとヒトのハイブリッドの作成、宗教など、様々な問題を取り上げている。

――――――――――――

リチャード・ドーキンス:英国の進化生物学、動物行動学者、ポピュラーサイエンスライター。世界で最も有名な一般向けの科学解説者の一人であるが、その活動の一環として、宗教を始めとした、超自然的な信仰に対する批判も積極的に行っており、欧米を中心とする世俗主義ムーブメントを牽引する代表的人物となっている。『利己的な遺伝子』、『神は妄想である』など、多数のベストセラーを持つ。

ピーター・シンガー:オーストラリアの倫理学者。主要著作は『動物の解放』、『実践の倫理』など。世界で最も影響力を持つ人物の一人に数えられる。



00:01―ホモ・サピエンスの神聖視
Dピーター、あなたは世界で最も道徳的な人の一人に違いないでしょう。恐らくあなたは世界で最も論理的に一貫した道徳的立場を築いている人です。しかし、まさにその論理的一貫性ゆえに様々な方面から攻撃を受けているのではないかと思うのですが。

S確かにその通りです。一方で私が最も批判を向けているのは社会の中のほとんどの人々の動物に対する態度です。我々は動物たちの利害を十分真剣に捉えていないと思うのです。そしてある意味では、ダーウィニズムの含意することの一つとしては、それらをより真剣に捉えるべきだということだと思うのです。あるいは少なくとも我々と動物たちとを隔てるバリアの一部を取り除くべきだということです。しかしもう一方で私は、人はホモ・サピエンスという種の一員であるというだけで特別な存在であるとは思いません。例えば、ある人が生まれつき深刻な障害を持っているとします。その場合、そのような人の命を終わらせることは…

培養肉を巡る倫理的問題とその改善可能性

イメージ
培養肉を巡る倫理的問題とその改善可能性:
我々は、新たな技術にどう向き合うべきなのか
Kei Singleton
Blog version.
First written: 2 Sep. 2018; last update: 2 Sep 2018
Abstract 動物たちに多大な苦痛をもたらすことに加え、環境破壊や新興感染症発生の原因でもある破滅的なシステム――畜産に代わる新たな食糧供給手段として、培養肉(in-vitro meat)の生産可能性は注目を浴び、その開発が進められている。そして培養肉は、野生動物の管理や肉食動物の保護の際に与える食事としても期待されている。しかし、少なくとも現段階では、培養肉の製造はcruelty-freeではない。ここでは、そのような製造に伴う倫理的問題に加え、畜産の撤廃が人々の倫理観の底上げではなく培養肉などの代替製品の普及によって行われることで取り残される問題、そしてそれらの改善可能性及び培養肉の利用可能性について取り上げ、我々が取るべき態度について議論する。

Contents
1 Introduction
2 倫理的問題とその改善可能性
3 培養肉の本当の必要性
4 技術開発の問題と可能性およびそれらに対する向き合い方
5 Summary and Conclusion

1 Introduction
 畜産は、気候変動の主張な要因であるだけでなく、土地利用、水利用、海洋酸性化、抗生物質の効かない耐性菌の発生、そして言うまでもなく、動物たちへの暴力と、それによってもたらされる途方もない苦痛の上に成り立っている。大量で安価な培養肉の実現は、それらの問題全てを解決、あるいは少なくとも大幅に改善する可能性を秘めている[1]。もちろん、これらの問題は、我々全員がビーガンになるという選択をすれば容易に解決されるものであり、培養肉の普及に伴って懸念される最初の問題として、他の解決手段を隠してしまうということが挙げられている[2]。あるいは、近い将来の培養肉の普及可能性が、現在畜産製品を購入し続ける口実に使われてしまうということも挙げることができる。また実際に培養肉などの代替製品の普及によって畜産業が撤廃されたとしても、人々の倫理観の底上げが起こっていない場合、種差別や暴力の根本的な要因が解決されていないがために、代替のない動物利用の継続や、…