投稿

社会的意味論:群淘汰理論はどれほど有用であってきたか

イメージ
社会的意味論:群淘汰理論はどれほど有用であってきたか
本記事では、群淘汰理論が進化生物学の分野でどのような評価を受けているのかを概観するための資料として、S. A. West、A. S. GriffinおよびA. Gardnderによるcommunication論文 (2007) の内容を要約して紹介する。

この論文の内容は、我々は群淘汰に関して三種類の誤った認識を抱いているというD. S. Wilson (2007) の主張に対する反論であり、Wilsonらの主張を具体的に取り上げて問題を指摘している。

◆概要 まず、原論文の概要をそのまま引用する:
我々の社会的意味論のレビュー (J. Evol. Biol., 2007, 415–432) では、群淘汰に関連する誤解や混乱の原因について議論した。Wilson (2007, this issue) は、我々は群淘汰に関する三つの誤りを犯していると主張している。ここでは、この主張に反論するために、我々のレビューから関連する点をより詳細に説明することを目的としている。過去45年間の研究は、血縁淘汰のアプローチおよび群淘汰のアプローチの相対的利用の明確な証拠を提供している。血縁淘汰の方法論はより扱いやすく、群淘汰アプローチの有用性を説明するためにWilsonが選択した例を含む特定の生物学的事例に対して、より簡単に適用できるモデル構築を可能する。対照的に、群淘汰アプローチは有用性が低いだけでなく、しばしば、徒労につながる混乱を助長することにより、ネガティブな帰結をもたらすように思われる。より一般的には、血縁淘汰理論は、あらゆる分類群に適用できる統一された概念的要約の構築を可能にする一方で、群淘汰にはいかなる形式理論も存在していない。
◆誤認1:古い群淘汰と新しい群淘汰 Wilsonによれば、一つ目の誤認は「古い」群淘汰理論と「新しい」群淘汰理論の間には、歴史的に概念的にもつながりがない、というものだ。ここで彼らが古い群淘汰論いっているのは、いわゆる「自然淘汰は群単位で作用し、生物には種の保存のために行動する基本的な本能が備わっている」といったいわゆるナイーブな群淘汰論のことである。

しかし、Westらは、それらの間につながりがあることには元々同意しているが、重要なことは、新たな群淘汰は、「生物体は包括適応度を最大化し…

老いの現代生物学:私たちはなぜ老いるのか

イメージ
老いの現代生物学:私たちはなぜ老いるのか
はじめに 老いは私たち動物の多くにとって、最も大きな苦しみの原因の一つである。そこで、いかにして老いを食い止めることができるのか、若返りは可能か、不老不死は(様々な意味で)良いことなのか、あるいはそもそも、老いをどのように定義し、どう分類すべきなのか、など、老いに関して問うべきことは多くある。

だが実は、そもそも第一に問うべきことの一つ、「私たちはなぜ老いるのか」という問いに対しても、コンセンサスの得られた答えはまだ与えられていない。ここでは、老いに関するいくつかの競合する理論や仮説を概説したKunlin Jinの論文  "Modern biological theories of aging."  (2010) を紹介する。

Jin, Kunlin. "Modern biological theories of aging." Aging and disease1(2) (2010): 72.

概要だけ紹介しようと思ったが、あまりにコンパクトにまとまっているので、全訳載せさせてもらうことにした。以下はすべてその論文の内容である。

■概要 近年の分子生物学および遺伝学における進歩にもかかわらず、ヒトの寿命を制御する謎はまだ解明されていない。 プログラム理論とエラー理論という二つの主なカテゴリーに分類される多くの理論が、老化の過程を説明するために提案されてきたが、どちらも完全に満足のいくものではないように思われる。これらの理論は複雑に相互作用している可能性がある。既存および新たな老化理論を理解し検証することで、順調な老化を促進することが可能になるかもしれない。

■老化の理論 なぜ私たちは年をとるのか?私たちはいつ老化を始めるのか?老化のマーカーは何か?私たちが成長できる年齢に限界はあるのか?これらの問いは、過去数百年の間、人類によって深く考えられてきたことである。しかしながら、近年の分子生物学および遺伝学における進歩にもかかわらず、ヒトの寿命を制御する謎については、未だに解明されていない。

老化の過程を説明するために多くの理論が提案されてきたが、そのどれも完全に満足のいくものではないようである(1)。伝統的な老化理論は、老化は適応でも遺伝的にプログラムされたものではないと考える。現代…

ベネターの厭世主義的アンチナタリズム

イメージ
ベネターの厭世主義的アンチナタリズム
これは"Permissible Progeny?: The Morality of Procreation and Parenting" (2015) 内でDavid Benatarが担当した一章 "The Misanthropic Argument for Anti-natalism. Permissible Progeny: The Morality of Procreation and Parenting" の要約と抜粋である。少々長いかもしれないが、読み通す価値があることを約束する。

注意として、Appendixは扱っていない。また、訳注と参考文献および本文中のそれらの指定は、必要なもの以外は略してあるため、原文をあたってもらいたい。

abstractはそのまま引用する:
この章は、アンチナタリズムを支持する厭世主義的な道徳的議論を提示する。この議論に従えば、我々は多大な危害をもたらす種に属する新たな一員を生み出すことを思いとどまる推定義務を負っていることになる。人類本性には、人類を他の人間やヒトでない動物に多大な痛み、苦しみ、そして死をもたらすよう導く邪悪な側面があるという広範な証拠が与えられる。一部の危害は環境破壊を通してもたらされる。その結果生じる新たに人間を生み出さないという推定義務は、例え打ち負かされることがあったとしても非常に稀なものとなる。すべての厭世主義が人間の道徳的過ちに関するものではない。この章に続くappendixにおいて、生殖に反対する美的考察が提示される。 ベネターが著書『Better Never to Have Been』などで議論しているのは、存在を得るあらゆる知覚ある存在への配慮から生殖に反対する立場である博愛主義的アンチナタリズムであるが、彼がここで議論するのは、その圧倒的な有害性から、ホモ・サピエンスという種に属する個体を新たに生み出すことに反対する厭世主義的アンチナタリズムについてである(博愛主義的議論の一つのアプローチである非対称性に基づく議論については、コチラを参照)。

厭世主義的な議論は、博愛主義的な議論よりもさらなる反発を生むだろうとベネターは述べる。その理由は、人間は自分を憎むものたちを嫌う傾向にあることと、自分たちの悪い点を聞き…

私たちの物語

イメージ
私たちの物語
――語られるべき、私たちの物語について。

First written: 11 Nov. 2019; last update: -- --. ----
▶Introduction
多くのものたちが、目隠しをされ、海に投げ込まれている。彼らは自分たちの状況を理解することもできず、ただ溺れないようにもがいている。

あなたもその一員である。だが、あなたは闇雲にもがいた結果、流れに乗り、幸運にも岸にたどり着くことができた。目隠しも外れ、自分が流れてきた方向を振り返ると、悲惨な光景が目に入ってくる。

誰もが死を恐れてパニック状態であり、自分が溺れてしまわないように、別の誰かを犠牲に必死で息を繋ごうとするものや、闇雲に暴れるためにますます溺れてしまうものも多い。

さて、あなたは彼らを救助するために何らかの努力をするだろうか? あるいは何もせずその場を立ち去るだろうか?

もう一つ、別の質問をしよう。

「彼らは、自分たちが置かれている状況を理解していない」ということが、彼らを「救わない」理由になると思うだろうか?

▶自己複製子の誕生
"我々は生存機械、すなわち遺伝子として知られる利己的な分子を保存するために盲目的にプログラムされた、ロボットの乗り物なのだ。"
―リチャード・ドーキンス, "利己的な遺伝子" 1976年版 前書きより

私たち地球上の生物の歴史は、少なくとも約40億年以上前、ある特殊な性質を持つ分子が誕生したことに端を発している。その特殊な性質とは、自己複製の能力、すなわち自分自身のコピーを生み出す能力である。この種の能力を持つ情報ユニットは自己複製子と呼ばれる。

最初の自己複製子がどんな場所で誕生したのかはまだ明らかではない。海底なのか地上の温泉地帯なのか、あるいはまた別の場所なのか。いずれにしてもそこには、当然限りはあるが、自己複製子が自身のコピーを作るのに必要な資源は豊富であったはずだ。

自己複製の性質により、その自己複製子は周りの資源を利用し、自らのコピーを増やしていった。だが、あらゆる複製過程にはゼロでないエラーの可能性が伴う。そのため、もともと祖先を同じにする自己複製子たちも、様々な複製ミスを経て、次第に異なる変種として種類を増やしていった。

こうして有限な資源の中で変種が混在するようになると、今度は変…

ゲイであることと科学研究 by ユヴァル・ノア・ハラリ

イメージ
ゲイであることと科学研究 by ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史』や『ホモデウス』の著者として知られる歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリが語る、ゲイであることと科学研究および宗教的神話について。

以下は動画の全訳である。
Kei Singleton
質問:ゲイであることは、あなたの科学研究に影響を与えましたか?

おおいに与えましたね

同性愛者として、人間によって作り上げられた物語と現実の違いを知ることが重要です。同様の能力が、科学的研究においても不可欠です。若い頃は、すべての男の子が女の子に惹かれるのだと教えられ、私はそれを信じていました。

これは人間によって作り出された単なる物語であり、現実には他の男の子を愛する男の子もいて、私はたまたまそのうちの一人なんだということに気づくのに、長い時間がかかりました。大半の人が信じる物語と矛盾していても、現実をそのまま受け入れることはすばらしい知恵です。

同様に、二人の男性が互いに愛し合うと、大いに腹を立てる偉大な男が空にいると多くの人が言います。しかし、これは人々が作り上げたもう一つの架空の物語です。二人の男性が互いに愛し合い、それによって誰も傷つけることがないのなら、それの何が問題になるでしょう?それについて怒る男は空にはいません。怒るのは、祭司とラビだけです。

科学研究も全く同じ洞察に基づいています。科学者として、私は常に現実とは何かを自問しています。人間が作り上げたあらゆる物語を忘れ、世界の真実とは何か、と。

私は同性愛男性として、現実が人々の語る物語と衝突するならば、現実を信じることが最善であることを学びました。この教訓が私をはるかに良い科学者にしたと考えています。

質問:科学研究は、セクシュアル・アイデンティティに影響を与えましたか?

科学は私のセクシュアリティをそのまま受け入れることを助けました。人々はしばしば同性愛者であることは不自然であり、自然は男性が女性を、女性が男性を愛することを望んでいて、同性愛者は自然の法則を破るといいます。

科学研究はこれが全くのナンセンスであることを教えてくれました。単純に、不自然な振る舞いなどないのです。存在するものはすべて、定義からして自然です。

人々は自然の法則を破ることなどできないのです。自然法則は交通法とは異なります。交通法では、政府が時速100キロメートル以上で運転…

動物福祉に関する議論における科学者の役割 by ユヴァル・ノア・ハラリ

イメージ
動物福祉に関する議論における科学者の役割 by ユヴァル・ノア・ハラリ
サピエンス全史』や『ホモデウス』の著者として知られるビーガンの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリが語る、動物の福祉に関する議論における科学者の責任と役割について。

以下は動画の全訳である。
Kei Singleton

"異なる意見を持つことはできますが、科学的事実を知らないのであれば、その意見は大して相手にされるべきものとはならないでしょう。"
―みなさんこんにちは。

動物福祉における科学や科学者の位置づけについて少しお話したいと思います。

科学者は一般に、政治的議論や倫理的議論から距離を置こうとします。しかし、特に21世紀においては、ますます多くの政治的、そして倫理的問いが、科学的知識や、科学的事実や理論を知っているかということに依存するようになってきています。例えば、地球温暖化から、人工知能や遺伝子工学の台頭まで、様々です。

あなたは、これらの問題ついて異なる意見を持つことはできますが、科学的事実を知らないのであれば、その意見は大して相手にされるべきものとはならないでしょう。

そして科学者たちは、より大きな政治的そして倫理的責任を担うべきなのです。彼らは、この文脈においては、沈黙も一つの政治的主張であるということを知るべきです。もし科学者たちが何か重要なことを知っており、それが現在の政治的議論において意味を持つものでありながら、それを公で話さないという選択をするのなら、それもまた一つの倫理的選択なのです。

もちろん、科学は倫理的問題を決定することはできませんし、それは科学の役割ではありませんが、科学は事実に関する問題を決定することができます。科学は私たちに何が良いことなのかを伝えることは決してありません。それは私たちに何が現実のことで、何が本当のことなのかを教えてくれるだけです。

残念なことに、特に動物に関して、あまりにも多くの倫理的な議論がこの事実の段階で行き詰まっています。そのため、科学はこれらの議論を前進させるのに非常に役立つ可能性があります。

牛や鶏、豚などの畜産動物の福祉についての議論では、二つの重要な事実上の問いがあります。一つ目は、動物たちはそもそも苦しむことができるのか?ということ、そして次に、動物が実際に苦しむことがあるのか?ということです。

たと…

時間の矢の起源:典型性に基づく説明

イメージ
時間の矢の起源:典型性に基づく説明Kei Singleton 
First published: 17. Apr. 2019;
Last updated: 17. Apr. 2019



はじめに
生物進化の法則、人工生命の創造に伴う明らかなリスクへの効果的な対処、意識や知覚をもたらす脳の神経構造、老化のメカニズムなど、苦しみの原因にかかわるこれらの問題をより深く理解し、そして対処を可能にするには、熱力学や統計力学をはじめとした物理学の知識と手法が必要になる。一方で、熱力学や統計力学で用いられる概念や方法の一部は、非常につかみどころのないものでもあり、それゆえに多くの誤解が広まってしまっている。ここでは、それらの分野の概念を専門的な予備知識を必要としない形で紹介することを一つの目的とし、それ自体が苦しみの大きな原因である時間の不可逆性について議論する。

1  ミクロな世界とマクロな世界 1.1  熱力学第二法則と時間反転非対称 形あるものは時の流れと共に姿を変え、やがて朽ち果てる。不可避な老いと死は私たち動物の多くにとってそれ自体が最も大きな苦痛であるだけでなく、将来経験する老いや死に対する不安や恐怖など、生における他の様々な苦しみを生む原因ともなる。しかしこの時間変化の一方向性は、生物の変化にのみ見られるものではない。私たちの目に見える系(考察の対象とするもの)の多くは、その変化の方向に明らかな非対称性を示す。例えば部屋でコーヒーにミルクを入れて飲んでる場面を想像してみよう(もちろんここで入れるミルクは豆乳やアーモンドミルクなどのビーガンミルクだ)。コーヒーに垂らしたミルクは自ずとコーヒーと一様に混ざり合うが、何か特殊な操作でも加えない限り、一度混ざり合ったミルクがコーヒーと分離することはない(溶けの悪い製品については考えていない)。また、それが淹れたての熱いコーヒーであっても(あるいは十分冷えたアイスコーヒーであっても)、放置すればやがて部屋の空気と同じ熱さになり、それ以上変化を示さなくなる。

これらのマクロな(目に見えるスケールの)系の状態を扱うのが、熱力学と呼ばれる分野である。ここではまず、その熱力学からいくつかの有用な概念を導入する。マクロな系が、(外界とのやりとりがないまま)しばらく放置して至る、目に見えた変化を示さなくなる状態を平衡状態という。そして、…

同じ倫理的コインの表と裏:アンチナタリズムとビーガニズム

イメージ
Two sides of the same ethical coin: Antinatalism and Veganism First written: 18 May 2018
Last updated: 8 Apr 2019  Contents:1. 出生産業の支持者⇒プロ-ナタリスト

2. ブリーディング⇒搾取

3. Not Your Life⇒Not Your Choice!


1. 出生産業の支持者⇒プロ-ナタリスト
私の議論は、人類だけでなく、他のあらゆる知覚ある存在にも適用される。
―デイヴィッド・ベネター1
これは地球上の生命に関することだ。DNAのメカニズムに関することなのだ。
―インメンダム2
***

「アンチナタリズムとビーガニズムにどんな結びつきがあるのか?」ととぼけた顔で聞くアンチナタリストは日本にも海外にも未だに多く存在している(日本ではその場合、アンチナタリストではなく反出生主義者を自称している場合が多いだろう)。

恐らく彼らは、家畜や伴侶動物として消費されるものたちは生殖によってではなく自然とどこかから湧いて出てくる存在だとでも思っているのだろう。

念のため言っておくが、もちろんそれは事実ではない。メスの動物たちが強制的に妊娠させられ、その子供たちが新たに地獄に出生させられている。

その数は家畜だけでも毎年数百億のオーダーである3。動物産業を支持するものは、例えばホモ・サピエンスの出生に反対するという意味で部分的にアンチナタリストではあっても、より一般的な基準からすればプロ-ナタリスト(積極的出生主義者)に分類されるのが自然であろう。

これに対し、アンチナタリズムと言っても動機は様々であるから、一概に一般的な基準を定めることは出来ない、という反論はよくあるものだ。しかし、その反論は全く持って正当なものではない。

もし何らかの倫理的な理由からアンチナタリズムを掲げているのなら、具体的なルートはどうであれ、それは必ず誰かの苦しみに対する配慮が基になっているはずである(そもそも、もしそうでないとしたら、それは倫理的主張として意味を成していない。そして、倫理的主張でないのなら、生む「べき」でないという主張の仕方をすることは出来ない)。そこで問題になるのは苦しみを経験する(潜在的な)能力の有無だけであり、その他の性質を理由に本質的な判断を変化させる…

現代ブッディズム:拒絶主義とエゴの消去

イメージ
現代ブッディズム:拒絶主義とエゴの消去Kei Singleton 
First published: 7. Apr. 2019;
Last updated: 7. Apr. 2019


このかりそめの身1にひとしい苦しみは存在しない。
形成せられる存在(=わが身)は最もひどい苦しみである。
―ゴータマ・ブッダ(ダンマパダ 202-203詩より)2
はじめに
このトピックは詳細まで議論しようとすれば、際限なく書き加えるべきことが増えてしまい、決して一ブログ記事で語れるようなものではない。したがってここでは、節度のある分量内で、特に重要な点を概観することを目的とする。そのため、ブログ記事にふさわしい分量に調節するため、この記事を書くにあたって多くの部分を削った。より掘り下げた議論は、今後別の形で行っていくつもりである。

目次1 導入:拒絶主義とは
2 ブッダの思想
 2.1 ブッダのスタンス
 2.2 一切皆苦
  2.2.1 トレッドミルを走る遺伝子の乗り物
  2.2.2 悟りと存在バイアス
 2.3 諸行無常
 2.4 エゴを消し去る方法
3 エゴの現代理解
 3.1 「エゴ」というミーム
 3.2 瞑想研究
  3.2.1 エゴの神経基底
  3.2.2 条件付けによる学習
4 八正道が瞑想道ではない理由
 4.1 誤った瞑想理解
 4.2 「自己」抑制
5 エゴ理解の重要性
 5.1 新たな種類のエゴと新たな種のアンチナタリズム
 5.2 エゴイズムとエゴの死
6 おわりに

1 導入 この記事では、具体的な拒絶主義思想体系の一つとして、ゴータマ・ブッダの思想――宗教的な意味合いを持つ仏教と区別し、ブッディズムと呼ぶことにする――を取り上げる。拒絶主義は、2014 年、社会学者ケン・コーツの著書『Anti-Natalism:Rejectionist Philosophy from Buddhism to Benatar』(Coates 2014) で導入された用語であり、私たち自身の存在に対して拒絶的な見方をする思想のことである。拒絶主義について彼はこう説明する。
[拒絶主義は] 生には、様々な形で、本質的かつ深い欠陥があることを見出す。なによりもまず、生は途方もない痛みや苦しみを課すものであること。第二に、それは自身の永続性を除けば、いかなる目的も意図もない完全に不必…