投稿

時間の矢の起源:典型性に基づく説明

イメージ
時間の矢の起源:典型性に基づく説明Kei Singleton 
First published: 17. Apr. 2019;
Last updated: 17. Apr. 2019



はじめに
生物進化の法則、人工生命の創造に伴う明らかなリスクへの効果的な対処、意識や知覚をもたらす脳の神経構造、老化のメカニズムなど、苦しみの原因にかかわるこれらの問題をより深く理解し、そして対処を可能にするには、熱力学や統計力学をはじめとした物理学の知識と手法が必要になる。一方で、熱力学や統計力学で用いられる概念や方法の一部は、非常につかみどころのないものでもあり、それゆえに多くの誤解が広まってしまっている。ここでは、それらの分野の概念を専門的な予備知識を必要としない形で紹介することを一つの目的とし、それ自体が苦しみの大きな原因である時間の不可逆性について議論する。

1  ミクロな世界とマクロな世界 1.1  熱力学第二法則と時間反転非対称 形あるものは時の流れと共に姿を変え、やがて朽ち果てる。不可避な老いと死は私たち動物の多くにとってそれ自体が最も大きな苦痛であるだけでなく、将来経験する老いや死に対する不安や恐怖など、生における他の様々な苦しみを生む原因ともなる。しかしこの時間変化の一方向性は、生物の変化にのみ見られるものではない。私たちの目に見える系(考察の対象とするもの)の多くは、その変化の方向に明らかな非対称性を示す。例えば部屋でコーヒーにミルクを入れて飲んでる場面を想像してみよう(もちろんここで入れるミルクは豆乳やアーモンドミルクなどのビーガンミルクだ)。コーヒーに垂らしたミルクは自ずとコーヒーと一様に混ざり合うが、何か特殊な操作でも加えない限り、一度混ざり合ったミルクがコーヒーと分離することはない(溶けの悪い製品については考えていない)。また、それが淹れたての熱いコーヒーであっても(あるいは十分冷えたアイスコーヒーであっても)、放置すればやがて部屋の空気と同じ熱さになり、それ以上変化を示さなくなる。

これらのマクロな(目に見えるスケールの)系の状態を扱うのが、熱力学と呼ばれる分野である。ここではまず、その熱力学からいくつかの有用な概念を導入する。マクロな系が、(外界とのやりとりがないまま)しばらく放置して至る、目に見えた変化を示さなくなる状態を平衡状態という。そして、…

同じ倫理的コインの表と裏:アンチナタリズムとビーガニズム

イメージ
Two sides of the same ethical coin: Antinatalism and Veganism First written: 18 May 2018
Last updated: 8 Apr 2019  Contents:1. 出生産業の支持者⇒プロ-ナタリスト

2. ブリーディング⇒搾取

3. Not Your Life⇒Not Your Choice!


1. 出生産業の支持者⇒プロ-ナタリスト
私の議論は、人類だけでなく、他のあらゆる知覚ある存在にも適用される。
―デイヴィッド・ベネター1
これは地球上の生命に関することだ。DNAのメカニズムに関することなのだ。
―インメンダム2
***

「アンチナタリズムとビーガニズムにどんな結びつきがあるのか?」ととぼけた顔で聞くアンチナタリストは日本にも海外にも未だに多く存在している(日本ではその場合、アンチナタリストではなく反出生主義者を自称している場合が多いだろう)。

恐らく彼らは、家畜や伴侶動物として消費されるものたちは生殖によってではなく自然とどこかから湧いて出てくる存在だとでも思っているのだろう。

念のため言っておくが、もちろんそれは事実ではない。メスの動物たちが強制的に妊娠させられ、その子供たちが新たに地獄に出生させられている。

その数は家畜だけでも毎年数百億のオーダーである3。動物産業を支持するものは、例えばホモ・サピエンスの出生に反対するという意味で部分的にアンチナタリストではあっても、より一般的な基準からすればプロ-ナタリスト(積極的出生主義者)に分類されるのが自然であろう。

これに対し、アンチナタリズムと言っても動機は様々であるから、一概に一般的な基準を定めることは出来ない、という反論はよくあるものだ。しかし、その反論は全く持って正当なものではない。

もし何らかの倫理的な理由からアンチナタリズムを掲げているのなら、具体的なルートはどうであれ、それは必ず誰かの苦しみに対する配慮が基になっているはずである(そもそも、もしそうでないとしたら、それは倫理的主張として意味を成していない。そして、倫理的主張でないのなら、生む「べき」でないという主張の仕方をすることは出来ない)。そこで問題になるのは苦しみを経験する(潜在的な)能力の有無だけであり、その他の性質を理由に本質的な判断を変化させる…

現代ブッディズム:拒絶主義とエゴの消去

イメージ
現代ブッディズム:拒絶主義とエゴの消去Kei Singleton 
First published: 7. Apr. 2019;
Last updated: 7. Apr. 2019


このかりそめの身1にひとしい苦しみは存在しない。
形成せられる存在(=わが身)は最もひどい苦しみである。
―ゴータマ・ブッダ(ダンマパダ 202-203詩より)2
はじめに
このトピックは詳細まで議論しようとすれば、際限なく書き加えるべきことが増えてしまい、決して一ブログ記事で語れるようなものではない。したがってここでは、節度のある分量内で、特に重要な点を概観することを目的とする。そのため、ブログ記事にふさわしい分量に調節するため、この記事を書くにあたって多くの部分を削った。より掘り下げた議論は、今後別の形で行っていくつもりである。

目次1 導入:拒絶主義とは
2 ブッダの思想
 2.1 ブッダのスタンス
 2.2 一切皆苦
  2.2.1 トレッドミルを走る遺伝子の乗り物
  2.2.2 悟りと存在バイアス
 2.3 諸行無常
 2.4 エゴを消し去る方法
3 エゴの現代理解
 3.1 「エゴ」というミーム
 3.2 瞑想研究
  3.2.1 エゴの神経基底
  3.2.2 条件付けによる学習
4 八正道が瞑想道ではない理由
 4.1 誤った瞑想理解
 4.2 「自己」抑制
5 エゴ理解の重要性
 5.1 新たな種類のエゴと新たな種のアンチナタリズム
 5.2 エゴイズムとエゴの死
6 おわりに

1 導入 この記事では、具体的な拒絶主義思想体系の一つとして、ゴータマ・ブッダの思想――宗教的な意味合いを持つ仏教と区別し、ブッディズムと呼ぶことにする――を取り上げる。拒絶主義は、2014 年、社会学者ケン・コーツの著書『Anti-Natalism:Rejectionist Philosophy from Buddhism to Benatar』(Coates 2014) で導入された用語であり、私たち自身の存在に対して拒絶的な見方をする思想のことである。拒絶主義について彼はこう説明する。
[拒絶主義は] 生には、様々な形で、本質的かつ深い欠陥があることを見出す。なによりもまず、生は途方もない痛みや苦しみを課すものであること。第二に、それは自身の永続性を除けば、いかなる目的も意図もない完全に不必…

サイケデリックドラッグとEgo Death

イメージ
サイケデリックドラッグとEgo DeathKei Singleton 
First published: 7. Apr. 2019;
Last updated: 7. Apr. 2019


はじめに
その心療効果への期待から、近年シロシビン(マジックマッシュルーム)やLSDといったサイケデリックドラッグがヒトの意識に及ぼす影響の研究が進められている。ここでは、LSD研究を中心に、近年の研究の背景と動向およびその成果を概観し、それが拒絶主義思想の文脈で持ちうる意味を議論する。LSDはスイスの化学者アルバート・ホフマンによる麦角アルカロイドという成分の研究を通して生み出された幻覚剤で、幻覚を含んだ意識の劇的な変容をその作用の特徴とする。その作用は当時から学術的な研究対象として関心を惹いたが、レクリエーションドラッグとしてもアメリカの若者を中心に利用され、1960年代から70年代に発展させられたサイケデリックカルチャーの広まりの原動力となった。1960年代後半の非合法化に伴って学術的研究も中断していたが、近年シロシビン(マジックマッシュルーム)など他のサイケデリックドラッグの研究結果(例えば(Carhart-Harris et al 2012, Lebedev, A. V et al. 2015))に感化され、再び意識にもたらすその作用の研究が行われるようになってきている。

Ego Death
LSDの体験報告として特筆すべきことは、自己と他者の区別を失い、宇宙と一体化するような神秘的経験である。この自己と環境との境界を失い、「私」という感覚あるいはエゴ(自我)を消失する現象は、エゴの死(ego death)あるいはエゴの喪失(ego loss)などと呼ばれる。拒絶主義者ゴータマ・ブッダの思想の核心こそまさに、このエゴは実体のあるものではなく、私たちの感覚や思考が産む錯覚であると同時に、あらゆる苦の根源であるということであった。そして彼はこのエゴを消し去る術も具体的に示した。ただしこれは、自殺をするとか、(昏睡状態にさせるというような意味で)意識を失わせるということを意味するわけではないということには注意が必要である。哲学者トーマス・メッツィンガーは、苦から解放される術としていくつかのオプションを検討している(Metzinger 2016)。その中でもこの文脈において重…

About Us

イメージ
About Us First published: 8. Feb. 2019.
Last updated: 7. Apr. 2019.


――Who We Are――
苦しみの根絶を目指す根絶論者の共同体。組織的実体は持たず、活動は全面的に賛同者の意志に任せられる。

――Our Mission――
あらゆるメタ倫理学的問いをバイパスして、一つの明確な実証的事実にたどり着くことができる。あらゆる問題は、意識的存在のネガティブな主観的経験に還元されるという事実である。

知的好奇心に基づく科学的あるいは哲学的探究も、感情を具現化する音楽も絵画もその他のアートも、喜びを追求するスポーツも映画もセックスも、すべて退屈や不平や不安や欲求不満というネガティブな感覚から逃避するための行動として記述することができる。

我々はそれらのうちで、ネガティブな経験を効果的に回避できる事柄に正の価値づけをするが、本来焦点を当てるべきは、すべての問題と終わりのないあがきの根源的駆動力であるネガティブな主観的経験――すなわち苦しみ――である。

それゆえ、真に意味のある議論は、いかにしてこれらの苦しみを根絶するか、ということなのである。

・苦しみの基礎的洞察については、例えば
心の哲学と苦しみ:快苦の非対称性と苦しみの支配性およびアンチナタリズム
幸福のネガティブな存在論:ショーペンハウアー的議論
『Bad is Stronger than Good (編集中)』
参照
近年、我々ホモ・サピエンスが他の種に属するものたちに対して多大な苦痛を及ぼしてきたことが、ようやく真剣に議論されるようになり、彼らを我々の拷問から解放するために、ビーガンになるという選択をするものが増えてきている。

近い将来、ビーガニズムはスタンダードになり、技術的発展にも後押しされ、動物の解放は実現されるだろう。

しかし、仮にビーガニズムがグローバルに適用されたとしても、我々の抱える道徳的問題はほとんど全くと言っていいほど解決されない。自然界に目を向ければ、日々、兆を超えるオーダーの知覚を持つ生物たちが、無慈悲で残酷な野生の世界で、互に騙し合い、奪い合い、そして殺し合っている。ここで生産されている苦しみは、我々には認識できるレベルを超えている(それが納得できないという人は、下のビデオを参照してほしい)。


・より詳しくは

我々は石器時代の方が幸福だったのだろうか?~ユヴァル・ノア・ハラリの記事より

イメージ
我々は石器時代の方が幸福だったのだろうか? ~ユヴァル・ノア・ハラリの記事より
『Were we happier in the stone age?』というタイトルで『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』の著者として知られるユヴァル・ノア・ハラリが2014年にガーディアン紙に寄稿した記事を取り上げつつ、ダーウィン的生命システムの本質的欠陥と、それに翻弄される個体の葛藤について考察する。

念の為先に言っておくが、ハラリの記事は原始的な時代の暮らしの方がマシだったため、自然に回帰すべきであるというパレオ信仰を持つものへの応援メッセージではない。

ハラリはまず、経済と幸福度の関係について触れる:
個人主義の台頭と集団主義的イデオロギーの衰退と共に、幸福は間違いなく最上の価値となっている。人口の途方もない成長と共に、幸福はこれまでにない経済的重要性も得ている。 この個人主義の台頭と集団主義的イデオロギーの衰退が個人の幸福、あるいはより一般的な言い方をすればウェルビーイングの位置づけを変化させてきたという指摘は極めて重要だと思われる。近年、ようやく我々の個体としての存在の正当性についての有意味な議論が始まった背景として、この点を無視することは決してできない。

そしてほとんどの国は――多くの場合、ハラリが「最も成功した宗教」と呼ぶ資本主義に則って――経済成長に焦点を当てており、その動機を尋ねられれば、それが人々の幸福につながるからと答えるだろう。しかし、ハラリの問いは、本当にそうなのか?ということである。

実際にそうではないだろうとハラリは考えているわけであり、その理由を説明するのがこの記事の主題なのであるが、もう一つ重要なのが「これまで、長期的な幸福の歴史についての科学研究はほとんど存在しない」という指摘である:
学者たちは、政治、経済、疫病、性、食事など、あらゆるものの歴史について研究してきたが、それらすべてが人類の幸福にどのような影響をもたらすかについては、ほとんど問うてこなかった。 この指摘は、苦しみについて学術的な関心が長い間向けられてこなかったというトーマス・メッツィンガーの指摘と本質的に同じものと言ってよいと思われる。メッツィンガーはこれを「認知的な暗点(cognitive scotoma)」と呼び、種々のバイアスによるものだろうと考えているが、苦しみに限らず個…

幸福のネガティブな存在論:ショーペンハウアー的議論

イメージ
幸福のネガティブな存在論 ショーペンハウアー的アプローチ

これは、Manolito Gallegosによる論文『The Negative Ontology of Happiness: a Schopenhauerian Argument』の要約と抜粋を基に、Arthur Schopenhauerによる喜びや幸福の消極的な存在論的性質についての洞察を紹介する。

注意事項:
元論文内の引用を二重に引用する場合にややこしくなるため、元論文からの引用はインデントを変えず、文字の色を青色にして区別する。文字色が区別されない形式で閲覧している場合や、その他なんらかの理由で色の識別が困難な方は注意してほしい


Abstractはそのまま引用する:


このエッセイでは、実際に幸福は存在せず、それは単に苦の不在にそのようなラベルを貼っているだけのものだというショーペンハウアーの主張を考察する。それを行うため、その見解のためにショーペンハウアーが示した付加的な仮定や議論だけでなく、まずその主張自体を精査する。その後、いくつもの異議を挙げ、結果的にはショーペンハウアーに分のある結論を持つ、それら一つ一つに対する反証を与える。しかし、私はまた、その見解に問題をもたらす可能性のあるいくつかの哲学分野についてコメントし、幸福の非存在からどのような結論がさらに導き出されるのかということ、また、それ以上の議論がなくとも、それによって影響を受けないことが明らかな分野について簡単に議論する。

要するにこの論文は、幸福は苦の不在のことであるというショーペンハウアーの主張を紹介し、それに対して考えられる反論に対して、一つ一つさらに反論を与えていくというものである。しかしここでは、主に論文中で引用されているショーペンハウアーの議論を引用するにとどめる。

まず、ショーペンハウアーの議論で用いられる言葉が何を意味しているのかということの確認から始まる。始めに取り上げられるのが、ショーペンハウアーが「情(feelings)」という概念をどう扱っていたかということである。以下は『意志と表象としての世界』の第11節からの引用である(この記事を通して日本語訳は『西尾 幹二による訳書』 を参考している):
情と言う言葉が示す概念は、どこまでも消極的な内容のみを帯びている。意識の中にありありと浮かんでいるものが概念ではないこと…

ビーガンFAQ - よくある質問と返答集

イメージ
―Frequently Asked Questions― (よくある質問)
移行作業も含め(のんびり)編集中



by Kei Singleton
First published: 10. Oct. 2017; Last updated: 7. Apr. 2019

ビーガニズム=
×完全菜食主義
×肉嫌い
×動物愛護
×信仰
〇反差別運動 ―Index―
1.でも植物も..
┗わからないだけで植物にも知覚があるかもしれないのでは?
┗苦痛が問題なら、苦痛なく殺せばよいということになるのでは?
2.でもライオンも...
3.菜食は健康に悪いのでは?
┗菜食で命を落とした子供がいると聞いたけど?
┗ビタミンB12は?/サプリメントが必要な食事は不完全ではないか?
┗タンパク質は?
4.価値観を押し付けないでくれないか?
5.食べるものに困ってる人のことを考えないのか?
6.全員がビーガンになったら持続不能では?
7.動物を食べるのは自然なこと/昔から食べてきたからいいのでは?
┗人間も自然の一部だから、その行いをやめさせようとするのは間違いでは?
┗肉食によって人類の脳の発達が促進されたのだから、肉を食べるべきなのでは?
8.ヒトラーも菜食主義者だったらしいけど?
9.作物の栽培でも動物が犠牲になるのでは?
10.ビーガンが増えたら畜産関係者が職を失うのでは?
┗ビーガンは畜産関係者を差別してるのでは?
11.個人の自由では?
12.ヒト以外の動物は道徳的に配慮する必要はないのでは?/種が違うのだから当然では?
┗ヒト以外の動物に権利を与えるという発想には無理があるのでは?
┗ヒト以外の動物は道徳や権利なんて認識しないから自己満足では?
13.ビーガニズムは宗教じゃないか?
14.感謝して食べているからいいでしょう?
15.犠牲を出したくないなら山にこもってればいいんじゃないか?
┗ビーガンだって動物産業によって成り立つ社会に生かされてるのだから、矛盾しているのでは?
16.ビーガンって草ばっか食べてるんでしょ?
┗わざわざ肉や乳製品の代替品を食べるってことは、本当はやっぱ動物製品が食べたいんでしょ?
┗ビーガンは母乳も反対なんでしょ?
17.我々が食べなければ、そもそも家畜は存在/存続することができないのでは?
┗家畜の絶滅は生物多様性の保護の理念に反するのでは?
18.売られている肉はすでに殺された動物だから、食べても食べなくて…