投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

Zoopolis、干渉と自然状態 by オスカー・オルタ

イメージ
Zoopolis、干渉と自然状態
これは Oscar Hortaによる論文『Zoopolis, Interventions and the State of Nature』の要約と抜粋である。

注意事項:
元論文内の引用を二重に引用する場合にややこしくなるため、元論文からの引用はインデントを変えず、文字の色を青色にして区別する。文字色が区別されない形式で閲覧している場合や、その他なんらかの理由で色の識別が困難な方は注意してほしい


Zoopolis, Interventions and the State of Nature

Oscar Horta
2013
Law, Ethics and Philosophy 1:113-25


Abstractはそのまま引用する:

Abstract
DonaldsonとKymlickaはZoopolisにおいて、動物たちを助けるための自然への干渉は許容されることもあり、場合によっては、一般に直面する危害から動物たちを救うことが義務的でもあるとも議論している。しかし、彼らはこれらの干渉にはいくつかの制限が設けられなければならないとも主張している。でなければ、野生動物たちが形成する、自治的なコミュニティと同様に尊重されるべきコミュニティの構造を崩壊させかねないためであるという。これらの主張は、生態系のプロセスは動物たちが自然界で良い一生を送ることを保証するのだという広く抱かれている仮定に基づいている。しかし、残念ながらこの仮定は全く持って現実的でない。ほとんどの動物はr-戦略者であり、存在を得て間もなく痛みの中死んで行くし、成体まで生き残ったものも、一般におぞましい危害に苦しむ。それに加え、ほとんどの動物はZoopolisが記述しているような政治的コミュニティは形成しない。そのため、野性の動物たちの置かれた状況は、人道の危機や、修復不能なまでに破綻した国家に類似したものとみなすことができる。それはHobbesの自然状態がそうなるであろう状態に合致する。これは、ヒトでない動物たちを助けるための自然への干渉には、DonaldsonとKymlickaが主張するような制限が設けられるべきでないということを意味している。

1. Introduction
この論文は、Sue Donaldson(スー・ドナルドソン), Will Kymlicka(ウ…