投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

アンチナタリズムFAQ - よくある質問と返答

イメージ
アンチナタリズムFAQ - よくある質問と返答
K-Singleton

First written: 26 Dec. 2017; last update: 19 Oct. 2018
Abstract
アンチナタリズムについて一般的に見られる疑問や挑戦と、それに対する返答を列挙する。ここに書いてることと重複する内容もあるが、まず基本的な理解のために『アンチナタリズム入門 ~わかりやすいアンチナタリズムの解説~ 』を先に読むことを推奨する。

※現在編集中であるため、追記や校正が必要な部分が多々見られる可能性がある。ただし、生殖は正当化が極めて困難であると示すのに必要な最低限の内容はすでに記されているはずではある

―Contents―
▼1. アンチナタリズムとはどんな思想であり、どんな思想でないのか Q1.1アンチナタリズムとはなに?
Q1.2  なぜ生殖は悪のか?
A1.2.1 生まれることで、他者に苦痛をもたらすから
A1.2.2 生まれてくるもの自身に苦しみを押し付けることであるから
A1.2.3 子供を作ることは他者を利用することだから ▼2. アンチナタリズムとはなにでないのか Q2.1  子供が嫌いなの?
Q2.2  チャイルドフリーとは違うの?
Q2.3  生に価値がないならなぜ自殺しないの?
Q2.4  殺しも肯定するの?
Q2.5  自分の人生が辛いだけでは?
Q2.6  ニヒリズムなの? ▼3. アンチナタリズムへの反論 Q3.1  生まれることで経験できる良いこともあるのでは?
A3.1.1 ベネターの非対称性
A3.1.2 シフリンの非対称性
A3.1.3 良い人生は、本当に良い人生なのか
A3.1.4 苦しみの除去としての喜び

Q3.2   多くの人が生まれてよかったと考えているから、新たに人を生み出すことも許されるのでは?

Q3.3  アンチナタリズムは潜在的な存在の喜びの機会を奪っているのでは?

Q3.4  生きることはそれほど苦痛の多いことではないのでは?
A3.4.1 経験的事実による反証
A3.4.2 自然淘汰の働きによる説明

Q3.5  苦痛は必ずしも悪いものではないのでは?

Q3.6  誰もが幸福に生きられる未来もいつかはやってくるのでは?

Q3.7  子供を作る時点では、その子供は存在していないから親の行為は罪になりえないのでは?
A3.7.1 爆弾魔と薬の思考実験
A…

アンチナタリズム入門 ~わかりやすいアンチナタリズムの解説~アンチナタリズムとは何であり、何でないのか

イメージ
アンチナタリズム入門 ~わかりやすいアンチナタリズムの解説~ アンチナタリズムとは何であり、何でないのか
Kei Singleton
First written: 23 Oct. 2017; last update: 27 Oct. 2018
はじめに
アンチナタリズムという思想の認知度は着実に上がっており、関心を持つ人も増えていますが、同時に様々な混同や誤解も見られるようになって来ています。ここでは、アンチナタリズムとはどんな思想なのか、そしてどんな思想ではないのかを、出来るだけシンプルな形で解説します。

Keywords: アンチナタリズム、反出生主義、エフィリズム、生殖の倫理、デイヴィッド・ベネター

I.アンチナタリズムとは何なのか
アンチナタリズム(Anti-natalism)とは、子供を作ることを推進するnatalismに反対で、「子供を作るべきではない」と考える立場です。ここでの「べきでない」 というのは通常、道徳的に悪いことだからしてはいけない、ということを意味します※1(以下この記事中では、特に断りのない限り、アンチナタリズムとはこの倫理的アンチナタリズムを指すこととします)。

(日本語では「反出生主義」と言う訳語があてられることもありますが、このブログではアンチナタリズムで統一します。「反出生主義」と「アンチナタリズム」はそれぞれ独立に広まっており、一般的には「反出生主義者」を名乗る人たちは、道徳的立場の表明として用いていないか、道徳的な立場として不十分な場合が多いためです)

では、子供を生むことはどうして道徳的に悪いことだと考えられるのでしょうか?それには様々な理由があるのですが、代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

I-1.生まれることで、誰かに悪影響をもたらすから
これは、特に人間に関する見方ですが、人間は地球の歴史上最大規模の大量絶滅を引き起こしたり、他の動物たちも巻き込みながら、人間同士の大規模な争いを繰り返したりをしてきました。もし他にこんなに破滅的な動物がいたら、私たちはこの動物を新たに繁殖させるべきではないと考えるでしょう。これが、人間はこれ以上子供を作るべきではない、と考える理由の一つです(この考えを基にする立場を「厭世主義的アンチナタリズム」と呼びます)。


I-2.生まれることでたくさんの苦しみを経験するから
人間で…

意識に関するケンブリッジ宣言

イメージ
意識に関するケンブリッジ宣言(The Cambridge Declaration on Consciousnes)

これは、2012年に著名な科学者たちによって得られた意識に関する見解の合意に基づく宣言である。原文は以下のURLから閲覧できる:
http://fcmconference.org/img/CambridgeDeclarationOnConsciousness.pdf

 意識に関するケンブリッジ宣言
2012年7月7日の今日、ケンブリッジ大学では、著名な認知神経科学者、神経薬理学者、神経生理学者、神経解剖学者および計算論的神経科学者による国際的グループが集い、ヒトおよびヒトでない動物における意識的経験および関連する行動の神経生物学的基盤を再評価した。このトピックに関する比較研究は、ヒト以外の動物および、しばしばヒトにおいても、内的状態について明確かつ容易に伝達することができないということが自然と妨げになるが、次のような観察は明白に述べることができる。

意識研究の分野は急速に発展している。 ヒトおよびヒトでない動物研究のための新たな技術および戦略が豊富に開発されている。 その結果、より多くのデータが容易に利用できるようになり、この分野においてこれまで保持されていた先入観の定期的な再評価が必要となっている。 ヒトでない動物の研究は、相似な脳回路が意識的な経験と相関し、実際にそれらの経験に必要かどうかを評価するために、知覚を選択的に促進したり遮断することが可能であることを示した。 さらにヒトでは、意識の相関を調べるための新たな非侵襲的技術が容易に利用可能である。
感情の神経基質は皮質構造に限定されるものではないと見られる。実際、ヒトが感情状態の際に興奮する皮質下の神経ネットワークは、動物の感情的行動を生成するためにも非常に重要である。同脳領域の人工的な刺激は、ヒトおよびヒトでない動物の双方において、対応する行動および感情状態を生成する。脳内の、ヒトでない動物が本能的な感情的行動を引き起こす場所ではどこでも、それに続く行動の多くは、報酬や罰となる内的状態を含む、経験される感情状態と一致している。ヒトにおけるこれらの系の深い脳刺激でも、同様の感情状態を引き起こすことができる。情動に関連する系は、神経相似性に富んでいる皮質下領域に集中している。新皮質のない若いヒトお…

アンチナタリストはなぜ自殺しないのか

イメージ
アンチナタリストはなぜ自殺しないのか
「存在に対してそんなに否定的なら、自殺すれば済むのではないか?」

これは、アンチナタリストが最も頻繁に受ける質問だろう。ビーガンに対するPlants tho(でも植物は?)論法に対応する議論とも言えるかもしれない。

これに対する簡単な答えは「自殺するかどうかはその人次第であって、アンチナタリズムとは直接関係がない」というものだ。あるいは、「生殖は生まれてくるものの同意を得ることができず、自分たちの利益を導く手段として他者を利用することは許容されない」という見方からアンチナタリズムを支持しているものからすれば、その立場を説明すれば回答としては十分だ。

しかし、アンチナタリズムを支持する別の理由「生まれなければ苦痛を経験せずに済むため」のまさにその一点のみに焦点を当てる批判者は、これでは納得しないだろう。

よってここでは、なぜアンチナタリストに自殺しないのかと問うことが的外れなのかを説明するが、その説明はもう一つの一般的な疑問「アンチナタリストの論理なら、殺しも正当化されるのでは?」が同様に的外れである理由も部分的に説明する。

生きる価値がない生
まずこの問いの基には、ある混同が存在している。それはベネター自身が議論しているように「生(life)には生きる価値がない」という言葉の持つ「生には続ける価値がない」と「生には始める価値がない」という二つの意味の混同である。

ベネター的なアンチナタリズムが主張しているのは、もちろん後者の「生には始める価値がない」ということである。そして、存在していないものには利害が存在せず、生まれないということで失うものは何もない一方で、すでに存在しているものには様々な利害関心があり、存在をやめるには大きなコストが伴う。そのため、わずかな(潜在的な)苦しみの存在であっても、新たな存在を生み出さないという判断を下すのに十分であるのに対し、存在をやめることを決断するには、一般により高い閾値が求められるのである。

よってベネターの言葉を引用すれば

もし人生が続けるに値しないのなら、なおさら始める価値はない。しかし人生に続ける価値があるからといって、始める価値もあるということになったり、始めるに値しないからといって続ける価値もないということにはならない。
と結論付けられる。

もう一つ正しく理解されていないのが、博…

【まとめ】デイヴィッド・ベネター関連の記事・動画

イメージ
デイヴィッド・ベネター関連の記事・動画
哲学者デイヴィッド・ベネターに関連する記事や動画のまとめ。

訳記事『子供?お断りしましょう』 AEONで2017/10/19日に掲載された記事の日本語訳。どの人生も、しばしば主観的な報告を大きく下回るほどクオリティの低いものである理由および、博愛主義的および厭世主義的アンチナタリズムの考えを解説している。

Better Never To Have Been: An Interview with David Benatar』  2016年にReasonable Veganに掲載された記事。アンチナタリズムの概説や、ビーガニズムとアンチナタリズムの関係について語っている。

『我々は存在すべきでないものたち - アンチナタリズムの哲学』 2015年、The Critiqueに掲載された記事。アンチナタリズムとはどういった考えなのかということに加え、ドラマシリーズ『True Detective』に関連し、アンチナタリズムとは何でないのを解説している。

『それでも、生まれてこない方が良かった―批判への返答』 デイヴィッド・ベネターが自身の著書『Better Never to Have Been(生まれてこない方が良かった―存在してしまうことの害悪)』 に向けられた批判に対する反論を記した論文(2012年発表)の要約と抜粋。

解説記事 他『デイヴィッド・ベネターという人物と思想 』 彼がどういった思想を持つそういった人物なのか。アンチナタリズムに限らず、自殺や他殺そして死、およびビーガニズムやセクシズムなどについての考えも探る。

ベネタリアン的非対称性の評価の仕方

ベネターの基本的非対称性が何を根拠にしたもので、何を主張しているのかについての基本的な解説。


ベネターのアンチナタリズムとプロモータリズム~基本的非対称性は自殺を示唆するのか

ベネターの基本的非対称性からプロモータリズムが導かれるという主張への反論と、そのような誤解が生じる原因について。
『べネタリアン(Benatarian)とは何か 』 べネタリアンとは何か。そして、ネガティブ功利主義者デイヴィッド・ピアースが、なぜ弱いアンチナタリズムと区別してそれを扱うのか、などを解説する。

動画
デイヴィッド・ベネター インタビュー(日本語字幕) 英国のビーガンラジオ番組『T…

それでも、生まれてこない方が良かった ― 批判への返答 by デイヴィッド・ベネター

イメージ
それでも、生まれてこない方が良かった―批判への返答―
元論文:
Still Better Never to Have Been: A Reply to (More of) My Critics
David Benatar
Received: 2 July 2012 / Accepted: 8 July 2012 / Published online: 5 October 2012

これは、デイヴィッド・ベネターが自身の著書『Better Never to Have Been(生まれてこない方が良かった―存在してしまうことの害悪)』に向けられた批判に対する反論を記した論文の要約と抜粋である。和訳本には目を通していないため、異なる用語や表現を用いている個所が多々あると思うが、それについては自分で補ってほしい。

1.    Introduction
この導入では、当然多くの反対が来ることは予想していたが、中にはまったく内容を読んでいないことを堂々と認めたうえでの反論や、どこが問題なのかを示さない批判もあったことを述べている。

2. Why It Is Better Never to Have Been

2節目では、彼の議論の基盤であり、主に批判の対象となっている基本的な非対称性の議論と、それに続く4つの非対称性:
(i)生殖の義務の非対称性
(ii)将来の利益の非対称性
(iii)回顧的な利益の非対称性
(iv)遠隔地の苦しみと幸福の不在の非対称性
そして人生のクオリティについての議論を改めて要約して示している。

これらについては『Better Never to Have Been』の2章および3章、あるいは当ブログ記事『ベネタリアン的非対称性の評価の仕方』を参照してもらいたい。

3.  Impersonally Better or Better for a Person?
ここでは、ベネターが「非存在者の苦痛の不在は良い」というとき、具体的にどういった見方からの判断なのかを説明している。すなわち、非人格的に良いのか、それとも誰かにとって良いと言っているのか、ということである。彼は、彼への批判の一部は、ここをはっきり理解してないとし、次のように述べている:

私が意図していたことを明確にすると、私は非人格的な評価は行っていない。そうではなく、存在を得ることは、存在を…