投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

アンドロイドサイエンスとアニマルライツ運動: そこにアナロジーはあるのか?

イメージ
アンドロイドサイエンスとアニマルライツ運動:  そこにアナロジーはあるのか?
これは、David J. Calverleyによる論文『Android Science and the Animal Rights Movement: Are There Analogies?』の要約と抜粋である。

注意事項:

元論文内の引用を二重に引用する場合にややこしくなるため、元論文からの引用はインデントを変えず、文字の色を青色にして区別する。文字色が区別されない形式で閲覧している場合や、その他なんらかの理由で色の識別が困難な方は注意してほしいこのブログ記事では、特に断りがない限り、「ヒトでない動物」のことを、「動物」と表記する。参考文献は、元論文をあたってほしい。


Android Science and the Animal Rights Movement: 
Are There Analogies?

David J. Calverley



Abstractはそのまま引用する:

Abstract
アンドロイドが人間のように課題を実行し、行動する日はすでに到来している。しかし、今のところ、これらの人工物を、我々の利益や娯楽のために利用する所有物以外の何かと見る準備をしているものはいない。システムがより洗練され、工学者が「意識的な」マシンを構築するよりせつなる努力をするにつれ、より多くの道徳的、倫理的、法的問題が生じる可能性があるだろう。動物の権利(アニマルライツ)運動に照らし合わせれば、適切な度合いの複雑さを考えると、アンドロイドも一定レベルの道徳的地位に値する可能性があることを示唆するアナロジーを描くことができる。しかし、アンドロイドが法的な人となる可能性があると主張するためには、他にも必要なものがある。つまり、アナロジーは完全なものではない。類似点にもかかわらず、動物とアンドロイドとの間には単なる身体性よりも深いレベルで著しい差がある。これらの類似点と相違点を同定することは、究極的には人間意識という概念をどう理解するかに依存するかもしれない。さらに、動物とアンドロイドを比較することによって、我々の意識が我々の権利概念にどのように影響するかを理解し始めることにもなるかもしれない。また、ある道徳的懸念の点は、開発プロセスのかなり早い時期に訪れるかもしれないことが示唆され、そうなった場合、も…