投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

ヘドニズム的使命とは―簡単な解説

イメージ
ヘドニズム的使命とは
―簡単な解説―
"我々の苦痛と同様の苦しみを経験している知覚ある存在がいる限り、その苦痛に自分の痛みや愛する人の痛みと同じ優先度と緊急性で取り組まなければならない"―デイヴィッド・ピアース



導入
The Hedonistic Imperative―ヘドニズム的使命あるいはヘドニズム的責務―とは、哲学者デイヴィッド・ピアース(David Pearce)の提唱する世界から苦しみを根絶するための試みです。ピアースは、道徳的に正しいこととは、喜びを増やすことではなく、苦しみを減少させ、最終的には根絶することであるという立場(ネガティブ功利主義)を支持することで有名ですが、彼は、どのような道徳的立場を取るかに関わらず、私たちはみな、苦しみのアボリショニスト(根絶論者)でなければならないと考えます。

まずピアースが指摘することは、どんな経済システムを採用し、どれだけ経済が成長し、どれだけ(通常の意味で)テクノロジーが進歩しても、人間社会から苦しみを根絶することはできないということです。その理由の一つとして、私たちのウェルビーイング(心理面を含めた健康のようなもの)の度合いは、遺伝情報によって決まってしまう部分が大きいということが仮定されています。

いくつかの双子の研究では、人にはそれぞれ、部分的に遺伝によって決まるウェルビーイングの度合いの基準点―ヘドニック・セットポイントがあり、ウェルビーイングは生涯を通じてそのセットポイントの周りを揺らぐということが示されています。つまり、どんな環境で生きようとも、人生の満足度は生まれつき決まったセットポイントに縛られてしまうというのです。

ストレスをかけることでヘドニックセットポイントを下げることは可能ですが、実はこれも言うほど簡単なことではありません。例えば自殺率は、通常生活環境も悪化し、ストレスも増加する戦時中に下降するという研究もありますし、事故によって四肢性麻痺という深刻な状態に陥っても、その6ヵ月後には、事故の前と比べても、より不幸でもなく、より不幸でなくもない状態に戻ることを示唆している研究もあります。

反対に、どれだけ望むものが手に入っても、どれだけ理想的な社会を実現しても、このセットポイントを大きく上に修正することは出来ないのです。これは、心理的な苦痛だけでなく身体的な痛みについ…

同じ倫理的コインの表と裏:アンチナタリズムとビーガニズム

イメージ
Two sides of the same ethical coin: Antinatalism and Veganism
Contents:1. 出生産業の支持者⇒プロ-ナタリスト

2. ブリーディング⇒搾取

3. Not Your Life⇒Not Your Choice!


1. 出生産業の支持者⇒プロ-ナタリスト
私の議論は、人類だけでなく、他のあらゆる知覚ある存在にも適用される。
―デイヴィッド・ベネター1
これは地球上の生命に関することだ。DNAのメカニズムに関することなのだ。
―インメンダム2
***

「アンチナタリズムとビーガニズムにどんな結びつきがあるのか?」ととぼけた顔で聞くアンチナタリストは日本にも海外にも未だに多く存在している(日本ではその場合、アンチナタリストではなく反出生主義者を自称している場合が多いだろう)。

恐らく彼らは、家畜や伴侶動物として消費されるものたちは生殖によってではなく自然とどこかから湧いて出てくる存在だとでも思っているのだろう。

念のため言っておくが、もちろんそれは事実ではない。メスの動物たちが強制的に妊娠させられ、その子供たちが新たに地獄に出生させられている。

その数は家畜だけでも毎年数百億のオーダーである3。動物産業を支持するものは、例えばホモ・サピエンスの出生に反対するという意味で部分的にアンチナタリストではあっても、より一般的な基準からすればプロ-ナタリスト(積極的出生主義者)に分類されるのが自然であろう。

これに対し、アンチナタリズムと言っても動機は様々であるから、一概に一般的な基準を定めることは出来ない、という反論はよくあるものだ。しかし、その反論は全く持って正当なものではない。

もし何らかの倫理的な理由からアンチナタリズムを掲げているのなら、具体的なルートはどうであれ、それは必ず誰かの苦しみに対する配慮が基になっているはずである(そもそも、もしそうでないとしたら、それは倫理的主張として意味を成していない。そして、倫理的主張でないのなら、生む「べき」でないという主張の仕方をすることは出来ない)。そこで問題になるのは苦しみを経験する(潜在的な)能力の有無だけであり、その他の性質を理由に本質的な判断を変化させることは道徳的に正当化不能な差別に他ならない。

厭世主義的な観点からのアンチナタリズムや、環境主義的な理由か…